flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ひそねとまそたん 第12話「無敵の私たち」(終)

脚本:岡田麿里 絵コンテ:小林寛 演出:三宅将平、平野宏樹、佐竹秀幸、蓮井隆弘 作画監督:堀川耕一、春日広子、清池奈保、稲熊一晃、藤巻裕一、佐竹秀幸

【概要】

大詰めに差し掛かった「マツリゴト」だが、ミタツ様を眠らせることができず、そのまま臥所へ誘導することになる。臥所でミタツ様を安定させるには楔女をいけにえに捧げる必要があるという。大切な人たちを守りつつ国難を阻止しようとするひそねは、ある決断をした。

【感想】

理不尽を許せない行動力が、心の内を正直にぶちまけてしまうこれまでの姿とシンクロする。ひそねの決意に無理が感じられないのは、岐阜基地にまそたんに象徴される居場所を見つけたから。それが、異国すなわち逃避行を示唆する「モンパルナス」に託すしかなかった樋本貞との分水嶺だったのかも。湿っぽさはひそねのキャラクターに似合わないので、彼女を信じて待つDパイたちの、そして小此木との再会シーンの乾いた温かさに安堵させられた。