flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

奴隷区 The Animation #12「起爆 -kibaku-」(終)

脚本・絵コンテ:倉谷涼一 演出:白石道太 作画監督:神田岳、齊藤佳子、中島美子、清水勝祐、宮澤努、岩永浩輔、櫻井拓郎、朝岡卓矢、ごとうじゅんじ

【概要】

世田谷ツバキを奴隷にして配下を増やした港タキオは傍若無人に振る舞っていた。立川シンノスケと江戸川リュウオウの協力を得た荒川エイアは、すべての奴隷の解放を目指してタキオに挑む。

【感想】

これまでの主人たちとは明らかに異なる外道なタキオが最後の敵とはいささかスケールダウンした感はあるが、これくらいの悪党のほうがすっきりした視聴後感となる。関わったすべての人々を不幸にするというSCMからの解放を目指したエイアの目的に合致するものであるし。エイア、シンノスケ、江東キヨと、SCMから距離のあったキャラクターたちがキーパーソンになっての展開も無理がない。奴隷システムを嫌っていたエイアがいちばんの勝負師だったという切り込み、刺激を求めてしまう本質が生きていて鮮やかだった。