flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

重神機パンドーラ Mission 13「渾沌の叫び」

脚本:望月真里子 絵コンテ:西澤晋 演出:町谷俊輔 作画監督:小谷杏子、坂本俊太

【概要】

ネオ翔龍のエネルギーを担うリアクターが不安定になる。リアクターの出力を抑えることを決断したセシル・スーは、生家にある遺跡にレオンを連れて行く。そこはリアクターのコア「混沌」があった場所だった。セシルは「混沌」をDr.ロン・ウーに託した経緯について語りだす。

【感想】

天才型のレオンに秀才型のジェイという定番ともいえるコントラスト。ジェイの視点による物語展開だったからこそ、彼を排除してのレオンとセシルの蜜月が狂おしいほど匂い立つ。そんなジェイとケインの側についたクロエという構図がポイント。血反吐が出そうなほどの嫉妬心を封じ込めてのジェイの頑張りに、暴走リアクター制御というミッションが重なって泣けてしまった。濃い人物作画がことごとく眼福で、いつもこれくらいの仕上がりでお願いしたくなる。