flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

かくりよの宿飯 第十四話「南の地から黒船来ます。」

脚本:金春智子 絵コンテ・演出:黒瀬大輔 作画監督:KIM YONG-SIK

【概要】

湯治場で宴会をしていた葵たち天神屋の面々。その前に突如として折尾屋の船が現れる。あるじである黄金童子は銀次に折尾屋に戻るよう命じる。葵は銀次を行かせまいとたんかを切るが、術にはまって折尾屋に連れて来られてしまうのだった。

【感想】

珍しく取り乱してからの言動に祖父譲りの破天荒さが垣間見えたところがポイント。葵にとっては天神屋にあって似た者同士だった銀次と育んできた夕がおこそがかけがえのない場所、それがいとおしさをもっていち視聴者にも伝わってきた。あるじらしく高圧的な物言いに終始した黄金童子、興味を持っているであろう葵との関わりが気になってくる。天神屋の回想から目覚めて折尾屋という葵視点の構成がお見事。