flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)天狼 Sirius the Jaeger 第一話「蘇えりし者、夜に嗤う」

原作:Project SIRIUS キャラクター原案:西村キヌ 監督:安藤真裕 キャラクターデザイン・総作画監督松浦麻衣、佐古宗一郎 シリーズ構成:小柳啓伍 コンセプトデザイン:竹内志保 擬斗:佐藤雅弘 美術監督:東潤一、佐藤歩 色彩設計:菅原美佳 撮影監督:出水田和人、植田程之 3D監督:桐谷太力 編集:高橋歩 音楽:横山克 音響監督:明田川仁 音楽プロデューサー:土肥範子 音楽制作:ミラクル・バス 音楽制作協力:岩﨑充穂 アニメーションプロデューサー:辻充仁 アニメーション制作:P.A.WORKS

ユーリィ:上村祐翔 ミハイル:櫻井孝宏 ウィラード:堀内賢雄 ドロテア:森なな子 フィリップ:小林裕介 ファロン:武内駿輔 伊庭秀臣:間島淳司 直江涼子:高橋李依 昭元二郎:田所陽向 エフグラフ:津田健次郎 カーシュナー:子安武人 アガサ:大原さやか クラルヴァイン:飛田展男

 

脚本:小柳啓伍 画コンテ・演出:安藤真裕 作画監督松浦麻衣、佐古宗一郎

【概要】

昭和初期の東京で反政府組織「百虎党」と脱獄死刑囚の鞍嶽郷一郎の関与が疑われる連続殺人事件が起こる。鞍嶽をマークする警察に対し、内務省が秘密裏に呼んだV海運の「狩人」たちは、真の黒幕を追いかけていた。

【感想】

吸血鬼バスターものというコンセプトこそ見慣れたそれだが、全編にわたって展開される作画面でのクオリティにくぎ付けになった。平時における芝居もさることながら、カーチェイスを挟んでのアガサとのバトルアクションがすばらしい。芝居も敵側であるヴァンパイア側の描写からスタートするパターンが狩人たちとの宿命めいたものを感じさせる。