flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

七星のスバル 第2話「秘めたる想い」

脚本:吉岡たかを 絵コンテ:福岡大生 演出:佐々木純人 作画監督:芳山優、アミサキリョウコ、山本由美子、稲田真樹、本多弘幸、佐藤綾子、廣瀬智仁、幸野浩二、永田陽菜

【概要】

『リユニオン』ダンジョンの宝箱から現れたのは旭姫だった。『ユニオン』から6年間の記憶がなくログアウトすることもできない旭姫。その未来視(プロフェアータ)の能力はさまざまなギルドに狙われていた。旭姫を残してログアウトした陽翔を『ユニオン』時代の仲間である碓氷咲月が訪ねてくる。

【感想】

あっけらかんとした旭姫の言動に悲劇の匂いを感じ取ることは難しい。いまだに登場人物たちに思い入れていないこちら側の事情もある。それでも、陽翔、咲月、御門貴法と、かつての彼女を知る仲間たちが見せるさまざまな態度は、謎ばかりの旭姫の存在に奥行きをもたらす。さて、ゲーム世界に閉じ込められた残留思念というイメージをどう膨らませてくれるか。