flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

千銃士 第3話「心銃」

脚本:鴻野貴光 絵コンテ:佐々木真哉 演出:笠原慎平 作画監督:栗原学、手島勇人、舛舘俊秀、服部憲知、戸倉栄一、渡辺浩二、伊藤浩

【概要】

ケンタッキーとシャスポーのケンカをきっかけに合同で任務にあたることになった「アメリカ独立戦争」チームと「ドイツ統一戦争」チームの8名。それは古城における古銃の調査だった。敵の攻撃から仲間たちを逃がそうとしたドライゼは、ブラウン・ベスと行動をともにすることに。

【感想】

捨て鉢ではない自己犠牲精神を支える冷静沈着さと謙虚さ。ドライゼのありようが絶対高貴の条件を教えてくれる。意図せずして絶対高貴に目覚めたブラウン・ベスの守護というシチュエーションがまた効果的だった。二人の絶対高貴にシャルルヴィルが見せた表情といい、少しづつではあるが立体感が出てきた。