flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

重神機パンドーラ Mission 17「従者の誇り」

脚本:入江信吾 絵コンテ:清水聡 演出:成田巧 作画監督:坂本俊太、大河内忍、Hwang yeongsik

【概要】

絶対安静のセシルに代わって影武者となったクイニーは、細かい所作に至るまでジェイの特訓を受ける。大仕事である記者会見を終えて人心地ついたクイニーを狙って一体のB.R.A.Iが襲い掛かる。何とかB.R.A.Iを撃退したクイニーたちだったが、その狙いは本物のセシルに向かっていた。

【感想】

クイニーの影武者をネタにいつになくコミカルな仕上がり。もっとも、影の主役はジェイであり、セシルとのパーソナルな約束すなわち契約が、ネオ翔龍を守るそれに拡大適用される。まさにクロエの言葉どおりで、ネオ翔龍の市民たちを家族と解釈すれば、パンドーラにおけるレオンの変化が実感できるというもの。そこにロン・ウーさらにはジークとの距離を重ねてしまう。