flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

進撃の巨人 Season 3 #39「痛み」

脚本:小林靖子 絵コンテ:平尾隆之 演出:いとがしんたろー 作画監督:富田恵美、手島舞、田村恭穂、今井有文、世良悠子

【概要】

リヴァイの旧知であるケニー一味の襲撃を合図に、エレンとヒストリアがさらわれてしまう。エレンとヒストリアを乗せた馬車に追いついたアルミンは、ジャンを守ろうとして敵を殺めるのだった。それはリヴァイの言葉どおりの人間を相手にした死闘だった。

【感想】

ケニーを前にしたリヴァイの鬼気が画面を振動させるような、立体起動装置による動きが縦横無尽な市街地戦闘の迫力に圧倒される。コミュニケーション不全な巨人を相手にした絶望とはまったく異質な人間と人間が繰り広げる暴力のおぞましさが全面展開してきつい。アルミンが良心に思えてくる。