flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

はねバド! #7「あんな子、瞬殺してみせる」

脚本:岸本卓 絵コンテ:徳土大介 演出:網修次郎 作画監督:池田志乃、松井理和子、古谷梨絵

【概要】

インターハイ予選で、中学時代に因縁のあった綾乃と対戦する芹ヶ谷薫子。自信満々で試合に臨む薫子だったが、ディフェンスに秀でた綾乃に苦戦する。

【感想】

バドミントンに消極的だった姿から人が変わったような綾乃については、試合に入り込むごとにその本性が現れてきたのだと想像する。そんな綾乃を目標とした努力家、薫子の心理描写がメインで、まるで主人公とライバルがあべこべのようだった。とことん無機的な綾乃に対して暑苦しいほど濃く描かれた薫子の表情の数々に演出の意図を見る。