flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第5話「キラめきのありか」

脚本:樋口達人 絵コンテ:久保田雄大 演出:三上喜子 作画監督:松尾亜希子、細田沙織、清水海都

【概要】

ひかりと交わした約束を再確認して心を入れ替えたようにレッスンに取り組む華恋。そんなルームメイトの姿に心穏やかではないまひる。北海道の実家からの届け物に同封されていたビデオにまひるの原点が映されていた。ところが、ひかりへの嫉妬心を抑えきれないまひるの感情がオーディションの幕を開くのだった。

【感想】

華恋とひかりを至上とする世界にあって、待ちかねていたまひる当番回まひるのコンプレックスの源泉が才能うんぬんではなく自身の控えめな性格にあったからこそ、胸を締め付けられるものがある。まひるの妄想そのままに展開されるメルヘンチックなオーディション描写、まるでひかりとの関係を拒絶するかのようで切ない。自信に満ちたライバルたちに気後れするまひるをライバルたちが肯定するラストの温かさ、もっと突き放した結末を予想していただけに、拍子抜けしたところもあるが……。