flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

シュタインズ・ゲート ゼロ #18「並進対称のアルタイル」

脚本:花田十輝 絵コンテ:路比塚俳優人 演出:高木啓明 作画監督:渡邊八恵子、池田有、相澤秀亮、平村直紀、木宮亮介、藤木奈々、稲吉智重、稲吉朝

【概要】

鈴羽とタイムマシンに乗り込もうとしたまゆりは、いきなり現れた工作員たちの銃撃によって倒れる。そこにライダースーツ姿の人物が駆けつけ工作員たちを倒していく。まゆりを守ろうとするかがりの行動だった。現場に向かう岡部にレスキネンは恐るべき事実を告げる。

【感想】

血生臭い描写を本シリーズに望んでいるわけではないので、屋上での大立ち回りには距離を感じてしまった。洗脳されてもなおまゆりのことを思い続けるかがりの苦しみが伝りにくかったきらいがある。かがりの献身までひっくるめて決心を固めたまゆりには、岡部への感情に加えてラボメンとしての心意気がにじんでいて泣かされた。