flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

天狼 Sirius the Jaeger 第六話「マネシツグミの警笛」

脚本:小柳啓伍 画コンテ:入江泰浩 演出:藤井康雄 作画監督:川面恒介、秋山有希 

【概要】

ヴァンパイアとなったミハイルに再会してもなお、狩人にとどまることを決心したユーリィ。「シリウスの匣」にミハイルを元に戻す可能性があるかもしれないとのウィラードからの示唆。ところがその余裕を与える間もなく、カーシュナー率いるヴァンパイアの大群が直江邸を急襲してくる。

【感想】

ミハイルのことを包み隠さずウィラードに明かしたユーリィに、狩人への帰属意識が感じられ頼もしく感じる。そして、ユーリィたちとヴァンパイアたちの因縁を知った上での涼子の真っすぐな決意がまぶしい。ヴァンパイアへの復讐心と仲間であるユーリィの事情を切り離すことのできるフィリップの聡明さと優しさ。そんなひたむきな登場人物たちを支える作画演出の完成度に今回もほれぼれとさせられた。