flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

シュタインズ・ゲート ゼロ #19「循環座標のアルタイル」

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:久保雄介 作画監督:武本大介、ぐんそう、徳田夢之介、宮脇直央、平村直紀、稲吉智重、稲吉朝

【概要】

タイムマシンの攻撃前にさかのぼってまゆりと鈴羽を救うことを決心した岡部は、ダルと真帆の協力を得て過去にタイムリープを成功させた。タイムマシンに乗ろうとするところに立ちはだかる岡部に、鈴羽は切り札である「オペレーション・アークライト」について伝える。

【感想】

駆け足気味な展開だったが、切羽詰まった状況における岡部の不屈を表現するにはぴったりだったかもしれない。焦燥の果てに紅莉栖に真帆を重ねてしまう岡部に泣かされた。そして、紅莉栖にはなれないと分かっていても、紅莉栖のことを思う岡部のために最善を尽くす真帆の誠実さに打たれる。復活したアマデウス紅莉栖によるいつもどおり軽めのリアクションが絶妙なバランス。