flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

夢王国と眠れる100人の王子様 #9「巻き戻るお茶会」

シナリオ:成田順 絵コンテ:越田知明 演出:検見川球 作画監督:奥野浩行、園田高明、中村佑美子、林あすか、佐藤麻里那

【概要】

ワンダーメアにやってきた主人公たちは、黒い蝶を追ってとあるビルの屋上にたどりつく。そこでは王子たちがお茶会を開いていた。先客だったケガレマルを見つけたキエルは、セティークのことを質問する。そんな中、時間を戻す能力があるという懐中時計が行方不明になり……。

【感想】

いきなり現代日本にそっくりなワンダーメアの光景に面食らう。ワンダーメアの王子たちから「アリス」と思われた主人公との関係についてあれこれ想像させてくれる。ケガレマルを目の前に真剣なキエル、そんな彼を尊重するかのように突っ込み役に徹するアヴィ、摩訶不思議なワンダーメアの世界におけるメインキャラクターたちの構図がよかった。