flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

プラネット・ウィズ 第7話「シリウス」

ネーム(脚本原案):水上悟志 脚本協力:浅川美也 コンテ:結城真吾 アクション・CGパートコンテ:橘秀樹 演出:森義博 作画監督山内則康、梶浦紳一郎、猿渡聖加、糸島雅彦

【概要】

宗矢は故郷のシリウスが滅ぼされた時の夢を見る。久々に登校した学校に白石こがねが転校してきた。兄の姿をした「楽園の民」と再会した公園で、宗矢はこがねたち封印派の挑戦を受ける。

【感想】

これまで再三にわたって強調された宗矢の肉抜き食生活、好戦的なシリウス人の脅威にさらされたリエル人の関係を思い起こせば納得がいきそう。肉が大好きだった竜造寺岳蔵は、サイキックに目覚めた人類を予見していたのかも。穏健派と封印派の対立軸がくっきりとして、元グランドパラディンの面々の身の振り方が気になってくる。白石こがねの若づくりがツボだった。