flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

プラネット・ウィズ 第8話「力、己にこそ宿る」

ネーム(脚本原案):水上悟志 脚本協力:浅川美也 コンテ:鈴木洋平 演出:藏本穂高 作画監督:都築裕佳子、小野和美、小松沙奈、山本雅章、角谷知美、大木良一

【概要】

封印派についた鷹取紅華は閣下の信用を得るため自らの過去を語る。そして紅華は封印装置の一機を借り受け街に迫ってきた。ところが、迎え撃つはずの宗矢は龍への復讐を果たしたことから戦意を喪失していた。宗矢の代わりに虎居英雄が紅華に立ちはだかる。

【感想】

温泉での紅華による腹を割った過去話に彼女なりの潔さが現れていて聞きほれてしまった。そして、一人で苦しんできた宗矢の内面をくんであげることができるのぞみの優しさ、それらをひっくるめて引き受けた英雄の心意気。意地と意地がぶつかり合う紅華と英雄の戦いはシリーズ屈指の熱さだった。いぶかしがりながらも嫉妬するのぞみも含めて、白石こがねの若づくりネタがあちこちでアクセントに。