flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

天狼 Sirius the Jaeger 第八話「然る者、紫煙に薫る」

脚本:小柳啓伍 画コンテ:小島正幸 演出:倉川英揚 作画監督:杉光登、三浦菜奈、竹本未希

【概要】

「天狼の匣」があるという南樺太に単身やってきたユーリィは、ビショップという狩人と出会う。ビショップによると天狼の匣の手がかりを知る人物がいるという。その頃、エフグラフに命じられたミハイルは天狼の匣の封印を解こうとするが……。

【感想】

ミハイルの本心を知りながら利用しようとするエフグラフの冷酷さが際立つ。せん滅すべき対象である吸血鬼側の事情が語られれば印象が変わってくるのかもしれないが、最後まで悪役を全うしてほしいと考えてしまう。エフグラフの狙いがユーリィに向いたことでミハイルの悲劇性が際立ってくる。