flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

プラネット・ウィズ 第9話「目覚めの使者」

ネーム(脚本原案):水上悟志 脚本協力:浅川美也 コンテ・演出:橋本敏一 作画監督:伊東葉子、芝田千紗、佐野はるか、坂本哲也

【概要】

虎居英雄に敗れた鷹取紅華は深い眠りにつく。羊谷葉介は最後の封印装置を託され出撃、英雄、因幡美羽、能代晴海を圧倒して地球人の封印に成功した。たった一人封印をまぬがれた宗矢は、楽園の民によって眠りについた人類の意識に呼びかける。

【感想】

助けてくれた先生と銀子そして事情を知って寄り添ってくれたのぞみに対する感謝……。地球でひとりぼっちのシリウス人が地球人「黒井宗矢」として奮起、覚醒する流れが熱い。葉介の執念は後ろ向きなものかもしれないが、紅華の幸せを願うからこそ否定はできないし、ゆえに宗矢とのぶつかり合いにパッションが感じられた。シリウス人と同じ運命をたどりつつある地球人という構図がしっかり生きている。