flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

重神機パンドーラ Mission 23「生命の環」

脚本:大野木寛 絵コンテ:清水聡 演出:球野たかひろ 作画監督:ハニュー、大久保義之、大河内忍

【概要】

おびただしい甲殻類型B.R,A.I(ブラキュラスト)とハチ型B.R,A.I(アエルカリス)がネオ翔龍に迫る。アエルカリスはブラキュラストの卵に産卵する寄生バチだった。クイニーのパンドーラ3によってB.R.A.Iたちをおびき出す作戦をとるが、そこにワンが現れたことで状況が変わってくる。

【感想】

進化する生態系の縮図を観測する視点がレオンたちの進化をも映し出すかのよう。ある意味で生々しい光景に息を飲む。レオンに負けじとブラキュラストの産卵行動を予測してみせたジェイに、かつて競い合った姿が重なったところが密かなワンポイント。グレンが持ち出した自分なりの「家族契約」にクロエの精神の広がりが感じられたくだりが温かい。