flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

プラネット・ウィズ 第10話「カレルレンとラシャヴェラク」

ネーム(脚本原案):水上悟志 脚本協力:浅川美也 コンテ:二瓶勇一 アクション・CGパートコンテ:橘秀樹 演出:野上良之 作画監督:長谷川眞也、冷水由紀絵、上田みねこ、森七奈、中西愛

【概要】

封印派の「閣下」ことカレルレンと穏健派の「先生」ことラシャヴェラクは、元グランドパラディンの面々が見守る中、最後の封印装置をかけて決闘することになる。

【感想】

メカによる格闘あり巨大化あり等身大化ありと、劇伴もあいまった特撮テイストがふんだんで、シリーズの集大成にふさわしい仕上がり。「龍」との最終決戦には大団円以上のものを期待したい。