flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

かくりよの宿飯 第二十四話「玉の枝サバイバル。」

脚本:金春智子 絵コンテ:大石美絵 演出:富井ななせ 作画監督:後藤圭佑、小嶋慶祐

【概要】

「蓬莱の玉の枝」は縫ノ陰夫妻が所有する水墨画の中にあるという。葵は、銀次、乱丸、チビとともに水墨画の世界に入っていく。山頂を目指す道すがら、銀次と乱丸はまだいがみ合っていて……。

【感想】

モノクロ世界におけるミニマルな人物構成のおかげで、性格の違いから兄弟同然に育った絆の深さまで、銀次と乱丸の素顔が葵の視点を借りつつくっきりと浮かび上がる。葵流アウトドアメニューが乱丸の心をほぐしていく流れに温かい気持ちになれたのは、銀次による葵の料理への信頼感に重なったからにほかならない。おかげで、「海宝の肴」に取り組む折尾屋チームの応援に熱が入りそう。弱体化した乱丸のかわいらしさはもちろんのこと、いつも以上にチビのリリーフが効果的だった。