flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Phantom in the Twilight 第10話「すべてが終わる一日前」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:島津裕行 演出:秦義人、伊東優一 作画監督:吉田肇、Wang Ming

【概要】

バックアップによってシンヤオにアンブラを吸収する能力があることを明らかになる。それぞれトンとシンヤオを立ててゲームをすることを決めたヘイシンとバックアップ。トンを人間のままシンヤオに会わせたいと考えたカフェ・フォービドゥンの面々は、最後の戦いに臨む。

【感想】

それぞれの流儀でトンに対峙するヴラッド、ルーク、トウリュウが見どころ。偉大なるシャー・リージャンの影響によって、ヴラッドたちとトンの温度差がいとおしく感じられる。人間でなくなる恐れをトンではなくシンヤオが体現する悲劇性が出てきて、クライマックスに向けて静かに盛り上がってきた。今回は心理描写を代弁するかのような人物のレイアウトがどれも印象的だった。