flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

進撃の巨人 Season 3 #46「壁の王」

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:樋口真嗣、赤松康裕 演出:赤松康裕 作画監督手塚響平、山本祐子、宮崎里美、千葉崇明、今井有文、胡拓磨、世良悠子

【概要】

オルブド区の住民をおとりにロッド・レイス巨人をおびき寄せ倒すことになった。駐屯兵団の砲撃はロッド・レイス巨人に決定的なダメージを与えることができない。調査兵団はエレンを切り札にロッド・レイス巨人のうなじを内部から破壊する作戦を実行する。

【感想】

奇行種にしても異形極まるロッド・レイス巨人の姿が強烈な印象を残す。切り札のエレンを重心としてきっちりと段取りが組まれた作戦成功は、本シリーズには珍しい爽快感があった。巨人の力を託されたエレンとそれを拒絶して女王を引き受けたヒストリア、ニュアンスの異なる重責を受け止める二人の内面描写におけるコントラストが見どころ。