flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

千銃士 第11話「因縁」

脚本:あおしまたかし 絵コンテ:三浦和也、伊藤浩 演出:山口美浩 作画監督:渡辺浩二、手島勇人、服部憲知、藤原隆章、舛舘俊秀、宮田瑠美、伊藤浩、HWANG YOUNG SIK、KIM GI YEOP、YANG TONGCHENG、YANG GUOFU、SUN WEI

【概要】

世界帝軍の貴銃士アインスの圧倒的な強さに倒れていくレジスタンスの貴銃士たち。カールは残ったブラウン・ベスにマスターのところに戻るよう指示を出す。しかし、それはできないとブラウン・ベスはアインスに立ち向かうのだった。

【感想】

レジスタンスの軍師といえるカールが指揮しているからこそ、アインスの力が圧倒的だからこそ、レジスタンス側に戦術面での面白みが欲しかった。作画演出の限界もあって銃による攻撃が一本調子に見えてしまうのでなおのこと。そして、撃たれても死ぬことはない貴銃士たちの設定が緊張感をそぐ。そんな中にあって、二度生まれたというブラウン・ベスの背景は気になる。