flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

かくりよの宿飯 第二十五話「あやかしたちと花火大会。」

脚本:金春智子 絵コンテ:名村英敏 演出:佐野真司 作画監督:DAN TYOU、KAKUREN JHOUKU、wangmin、zhuxiaolin、zhoujian、zhouxiaohua、chaichenzhong

【概要】

葵は味覚を失ったまま「海宝の肴」を作ることを決意する。海坊主を案内するための花火大会の当日、おびただしい客が押し掛けてきた折尾屋は大混乱となる。天神屋のサポートで客をさばくことにした折尾屋は儀式に集中する。いよいよ葵による「海宝の肴」作りが始まった。

【感想】

かつて葵を連れ去った折尾屋の宙船への返答のような天神丸の登場シーン。その印象がひと味違って見えたのは、天神屋への帰還を保留した葵の成長がしかと伝わったから。海坊主の好みを考えた気配りが象徴するように、折尾屋への愛着が土台となった「海宝の肴」の気負わなさが葵らしい。大仰な演出がとことん排除されているにもかかわらず、実に誇らしく感じられる。