flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

夢王国と眠れる100人の王子様 #12「光はすぐそこに」(終)

シナリオ:高橋ナツコ 絵コンテ:島津裕行、齋藤徳明、中谷亜沙美、ひいろゆきな 演出:ひいろゆきな 作画監督:森出剛、服部憲司、徳永さやか、古賀美裕紀、荒木弥緒、伊藤美奈、吉田千尋、奥野浩行、中村佑美子

【概要】

ついにセティークのもとにたどり着いたキエル。セティークはキエルの夢を使ってユアンをよみがえらせようとする。失敗したセティークを融合したケガレマルに対して、アヴィとキエルが立ち向かう。

【感想】

ユアンへの固執を知りながら、それでもセティークを慕い続けるキエルの心根に打たれる。だからこそ、ユアンの後継者たりえたのだし、主人公との合わせ技での浄化という流れにも納得させられた。トロイメアとアトラスの関係そのままにキエルが裏主人公だった。いや、ユメクイから人々を守るという作品世界に照らし合わせれば、彼こそが主人公にふさわしい。隠されていたアトラスがつまびらかにされ、象徴たるトロイメアが隠されたままのフィナーレにロマンがある。