flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

天狼 Sirius the Jaeger 第十一話「咆哮の宴」

脚本:小柳啓伍 画コンテ:岡村天斎 演出:藤井康雄、菅沼芙実彦 作画監督:森島範子、鍋田香代子、杉光登、川面恒介、鈴木理紗、野村治嘉、竹本未希、小笠原憂、阿部美佐緒

【概要】

「天狼の匣」の封印を解いたユーリィ。そこに直江涼子と伊庭秀臣が駆けつける。正体を現したビショップと共闘することにしたユーリィは、変わり果てたミハイルとの戦いを強いられる。その一方で、天狼の匣を奪い取ったラリーサとタマーラを追い詰めたビショップの前にエフグラフが立ちはだかり……。

【感想】

ヴァンパイアになってもなお人間であろうとしたビショップの反骨心が、まるで強制的にエフグラフに従わされたミハイルの分身のように思えてきた。ユーリィが倒せなかったラリーサをちゅうちょなく葬ったビショップが裏付ける。ユーリィの信頼に納得できるというもの。それぞれに負わされた重責を思いやることのできるミハイルとユーリィの兄弟愛に泣かされた。飛行船を舞台とした狩人たちとヴァンパイアの最終決戦へのおぜん立ては十分。