flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アンゴルモア 元寇合戦記 第拾壱話「対馬の天道」

脚本:ヤスカワショウゴ 絵コンテ:Royden B 絵コンテ協力:神戸洋行 演出:渡辺純央 作画監督:津幡佳明、小田多恵子、櫻井拓郎、中澤勇一、千葉啓太郎、渡辺純央、陸田聡志、武智敏光、中村真悟

【概要】

新たに上陸してきた蒙古軍に防戦一方の金田城。長嶺の要請で東側を守ることにした迅三郎。そこに長嶺たちの南門が攻め落とされたとの情報が入る。長嶺への借りを返すべく、輝日たちが逃げ延びた山頂を守るため奮戦する迅三郎だったが、蒙古軍の火器による攻撃で……

【感想】

わずか7日間の攻防、それを体感させるに十分な緊張が持続する。慈悲もなく倒れていく味方側に、海に落ちた迅三郎の命運を思う。博多からの援軍が断たれた絶望的な状況にあって、いかに美しい散り際を見せてくれるのか、安徳帝の言葉通り生き延びることができるのか。迅三郎から引き離された輝日の叫びが伝わってくるようだ。