flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

プラネット・ウィズ 第12話「見ろ、宇宙は祝福に満ちている」(終)

ネーム(脚本原案):水上悟志 脚本協力:浅川美也 コンテ・演出:鈴木洋平 アクションパート。・CGコンテ:橘秀樹 作画監督:伊東葉子、小渕陽介、芝田千紗、髙橋みか

【概要】

人類とネビュラ合同による龍の封印作戦が始まった。総力をかけて龍を亜空間に移動させることに成功。しかし、龍は閉じていく亜空間から脱出しようとする。宗矢と先生と銀子は龍を亜空間に押し戻そうと引き返すが……。

【感想】

宗矢による許し。銀子による礼。シリウス人とリエル人による人類に代わってのメッセージに思えてきた。かつて封印派と争って人類の可能性を残してくれた穏健派らしいといえようか。もっとも、リエル人のベジタリアン料理のせいか、熱い盛り上がりとまでいかず淡々とした印象。宗矢のみならず銀子についても地球人たちとの交流が描かれればよかったのかもしれない。