flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

シュタインズ・ゲート ゼロ #23「無限遠点のアークライト/交差座標のスターダスト」(終)

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:川村賢一 絵コンテ協力:中山奈緒美、久保雄介 作画監督:稲吉智重、稲吉朝子、木宮亮介、平村直紀

【概要】

アマデウス紅莉栖の消去を決断した岡部はタイムリープで過去に飛ぼうとするまゆりと鈴羽を後押しする。目的を果たしたまゆりと鈴羽だったが、タイムマシンの燃料切れで別の時空に飛ばされてしまう。未来の岡部たちは二人を救うために「オペレーション・アルタイル」を発動する。

【感想】

いち視聴者である自分が参ってしまうくらいだから、タイムリープの繰り返しに自我を保っていられる岡部の精神力に頭が下がる。激動のクライマックスに至る日常描写が印象的なシリーズだっただけに、エピローグに尺をとってほしかった。紅莉栖と真帆の関係性などひかれる要素に事欠かなかったので、惜しい気がしてしまう。