flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

天狼 Sirius the Jaeger 第十二話「天狼の匣」(終)

脚本:小柳啓伍 画コンテ:安藤真裕 演出:許琮 作画監督松浦麻衣、佐古宗一郎、杉光登、鍋田香代子、関口可奈味、森島範子、三浦菜奈、鈴木理沙、川面恒介

【概要】

天狼の匣を取り込んで勝ち誇るエフグラフだったが、匣の力に耐えきれず暴走を始める。ユーリィとミハイルはエフグラフを止めるために立ち向かう。戦いが終わり、匣の力を手に入れたユーリィは新たなシリウスの誇りを実現するために旅に出るのだった。

【感想】

暴走エフグラフとの最後の戦い、定番的な展開ではあったけれど、力を振り絞ってのユーリィとミハイルの共闘に熱くなった。最愛の兄との別れを果たしてからの義理の父親ウィラードとの誓いがまた泣かせてくれる。しかしながら、あれほど憎んでいたヴァンパイアをも許そうとした心境の変化には、何らかのドラマが欲しかった気がした。森林での戦闘でタマーラを始末できなかった(第9話)のがそれだったのかもしれないが。