flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第12話「レヴュースタァライト」(終)

脚本:樋口達人 絵コンテ・演出:古川知宏、小出卓史 演出協力:塚本あかね 作画監督:松尾亜希子、小里明花、谷紫織、清水海都、小池祐樹、錦見楽、杉山有沙、大下久馬、小栗寛子、摺木沙織、角谷知美

【概要】

塔に幽閉されたひかりは同じ芝居を繰り返していた。そこに飛び入りした華恋はひかりを救い出そうとする。二人による最後のレヴューが始まった。

【感想】

全編にわたって繰り広げられる華恋とひかりによる舞台。それが『スタァライト』のフローラとクレールに重なっていく流れは、シリーズの集大成にふさわしい見事なものだった。ひかりが、華恋が守り抜いたものが、第100回聖翔祭によるフィナーレにつながっていく。過酷なオーディションを期待していた身としては物足りなさも残ったが、スタッフの意図する作画演出面の妙味は十二分に伝わってきた。