flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アンゴルモア 元寇合戦記 第拾弐話「一所懸命」(終)

脚本:ヤスカワショウゴ 絵コンテ:滝川和男 演出:羽原久美子、滝川和男、森田侑希、栗山貴行 作画監督:小田多恵子、櫻井拓郎、谷口守泰、中島美子、森前和也、吉田和香子、松原豊、岡田雅人、服部益美、Lee Juhyeon、津幡佳明、千葉啓太郎、浅利歩惟、清水慶太、豆塚あす香、又賀大介、武智敏光、中村真悟、陸田聡志、神戸洋行、瀧川和夫

【概要】

爆発に巻き込まれた迅三郎を目の当たりにした輝日は絶望する。蒙古軍によって全滅させられたかに見えた対馬の民たち。しかし、しぶとく生き延びる者たちがいた。

【感想】

シリーズを通じての印象だが、忠義心とは異なる主人公、迅三郎の美学に引きつけられる。輝日たちもそこによりどころを感じたのではないか。がむしゃらに生き延びた者のみが勝ちという開き直りが、絶体絶命の状況をスリリングに見せてくれる。息つく間もない合戦描写の連続というフォーマットの潔さ。作画に言及するのがはばかられるほど物語が引き締まっていた。