flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)SSSS.GRIDMAN 第1回「覚・醒」

原作特撮ドラマ未視聴。

スタッフ

原作:グリッドマン 監督:雨宮哲 脚本:長谷川圭一 キャラクターデザイン:坂本勝 ヒロイック作画チーフ:牟田口裕基 助監督:金子祥之 サブキャラクターデザイン:中村真由美 グリッドマンデザイン:後藤正行 アシストウェポンデザイン:野中剛 アレクシスデザイン:コヤマシゲト 怪獣デザイン:西川伸司、丸山浩、板野一郎、山口修、前田真宏 ジャンクデザイン:三宮昌太 3DCG監督:宮風慎一(グラフィニカ) 美術監督:渡辺幸浩(アトリエPlatz) 色彩設計:武田仁基 撮影監督:山本弥芳(グラフィニカ) 編集:吉武将人(グラフィニカ) 音響監督:亀山俊樹 音響効果:森川永子 音楽:鷺巣詩郎 音楽制作:ポニーキャニオン アニメーションプロデューサー:舛本和也 アニメーション制作:TRIGGER

キャスト

響裕太:広瀬裕也 グリッドマン緑川光 内海将斉藤壮馬 宝多六花:宮本侑芽 新条アカネ:植田麗奈 サムライ・キャリパー:髙橋良輔 マックス:小西克幸 ボラ―:悠木碧 ヴィット:松風雅也

 

脚本:長谷川圭一 絵コンテ:雨宮哲 演出:宮島善博 作画監督:斉藤健吾 

【概要】

ジャンクショップで目を覚ました響裕太は記憶を失っていた。裕太はショップの古いパソコンに映ったグリッドマンからのメッセージを聞き、外に巨大な怪獣の姿を見る。クラスメイトの内海将と宝多六花は裕太の話を信じられない。そうしているうちに本物の怪獣が暴れ始め……。

【感想】

グリッドマンからのメッセージに耳を澄ませる記憶喪失の裕太に寄り添うかのように、劇伴を排した前半部の演出が印象的。グリッドマンとしての大立ち回りは作画演出の迫力ほどにカタルシスある展開ではなかったけれども、次回以降を期待させるに十分な仕上がり。物語面における特撮ドラマへのオマージュなどを期待してしまう。