flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

SSSS.GRIDMAN 第3回「敗・北」

脚本:長谷川圭一 怪獣デザイン:西川伸司 絵コンテ:げそいくお 演出:高嶋宏之 作画監督:竹田直樹、五十嵐海、坂本勝 ヒロイック作画監督:牟田口裕基

【概要】

怪獣は人間かもしれない……。将の言葉に動揺した裕太は怪獣を攻撃できず、グリッドマンは敗北してしまう。行方知れずになった裕太。ふさぎ込む将と裕太の前に、マックス、ヴィット、ボラーが助っ人として現れる。

【感想】

三人組の登場で立ち直った(ように見えた)裕太に物足りなさはあるが、怪獣の正体はシリーズのポイントになりそうなので、しばらくは静観したい。グリッドマン同盟トリオでは一人だけ後ろ向きだった六花によるアンチとのつながりが引っかかってくる。アンチをめぐっての六花とアカネの争いなど面白そうだが。