flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第4話「旅立ち」

脚本:猫田幸 絵コンテ:西澤晋、菅野芳弘 演出:板庇迪 演出協力:佐久間貴史 作画監督:河野敏弥、チョン・ヨンフン アクション作画監督:菅野芳弘

【概要】

セルカを追って果ての山脈の洞窟にやってきたキリトとユージオは、出くわしたゴブリンの群れに立ち向かう。セルカを救出して村に戻ってきたキリトとユージオは、ついにギガスシダーを切り倒す。天職を全うしたユージオの次なる天職は、剣士として央都を目指すというものだった。

【感想】

鬼気迫る演出で描かれるゴブリンとの死闘から目が離せなかった。深手から復活したユージオが剣士としての才能の片りんを見せて新たなステップに進む展開が力強い。これまでの仮想世界とは異なる生々しい負傷にリスクの大きさを感じさせつつも、だからこそ熱い展開が拝めそうでもある。キリトのルーツ探しとユージオの成長物語という二つの柱が確立した感。長い旅のイントロダクションとして申し分ない。