flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

RErideD -刻越えのデリダ- 第五話「棄てきれぬもの」

シナリオ:冨田頼子 絵コンテ:村上勉 演出:井之川慎太郎、羽多野浩平 作画監督:門智昭、小林ゆかり、マスケット

【概要】

マージュの手がかりがあるというヴァンフォード近代ミュージアムを訪れる。ゴーストタウンのような街に見覚えがあるというデリダ。そこは父親、ジャキスとの思い出の場所だった。

【感想】

ユーリィのカメラで示唆された時間跳躍による改変、過去に飛んだ意識でジャキスに関与したことで起こったと解釈した。マージュがデリダの能力に何かを託したのであれば、時間跳躍の繰り返しでつまびらかになっていきそう。ドナとのアクションにシチュエーションほどのすごみが感じられないのが惜しいところ。内省的な物語として見よということなのかも。