flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

SSSS.GRIDMAN 第6回「接・触」

脚本:長谷川圭一 絵コンテ・演出:宮島善博 絵コンテ協力:杉本ミッシェル 作画監督:李少雷(St MASSKET)、劉雲留(St MASSKET)

【概要】

グリッドマンであることを示唆するかのようなアカネの言葉が気になる裕太は、怪獣を自称する謎の少女と出会う。アカネの命により裕太を狙うアンチは六花の世話になる。裕太の秘密を聞き出そうとアカネは将に接近するのだった。

【感想】

裕太と謎の少女、六花とアンチ、将とアカネ、カップリングの同時進行が分かりやすい。ベンチでパンをごちそうしてもらうアンチと裕太の対置については、六花と謎の少女との関係性に照らし合わせると、アカネの箱庭では怪獣が絶対的な悪ではないことを暗示するかのよう。怪獣の姿をとらずに裕太を襲ったアンチという構図が示唆的。