flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ゾンビランドサガ 第七話「けれどゾンビメンタル SAGA」

脚本:村越繁 絵コンテ:境宗久、伊藤達文 演出:清水久敏、佐藤誠宇田鋼之介、境宗久 演出協力:宍戸淳、浅見松雄 作画監督:柳隆太、岡真理子、村長由紀、桑原幹根

【概要】

野外音楽イベント「サカロック」への出演が決まったフランシュシュだったが、愛と衝突した純子は引きこもったまま。純子のパートも自分がこなすと必死にレッスンする愛。そしてサガロック本番の日がやってくる。

【感想】

昭和アイドルとしてのプライドを守り続けた純子が見せる現代的なパフォーマンスが愛に伝わる流れが感動的。フランシュシュ停滞の原因だった落雷をきっかけにスイッチが入るステージがエンディングとなる構成に力強さがあった。昭和アイドルの純子と平成アイドルの愛をとりもつアイドル志望だったさくら。ステージで泣くさくらを励ます純子と愛のスリーショットにこちらも泣けてしまう。