flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

RErideD -刻越えのデリダ- 第七話「それぞれの、愛」

シナリオ:古怒田健志 絵コンテ:吉田徹 演出:守田芸成 作画監督:鎌田均、沼田広、吉田徹

【概要】

姿を消したユーリィがいると思われるブリュッケの街に入ったデリダたち。ヴィドーのなじみであるクラウス・バーデンがグラハムを修理している間にユーリィの行方を探すことに。ユーリィを人質にしたシュミット・マイヤーという人物から取引を求められたデリダたちは、秘策をもってその場に赴く。

【感想】

デリダやヴィドーがクラウスのコーヒーを飲む描写をさりげなく強調しているところがよい。急いてはことを仕損じるというクラウスの忠告そのままに、いち視聴者にとっても一息つけるポイントになっていた。だからこそ、ヴィドーからマユカへ、マージュとユーリィからデリダへ、サブタイトルそのままに思いが浮かんでくる景色がいとおしく感じられる。