flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

抱かれたい男1位に脅されています。 hug7「好きでいてもいいですか。」

脚本:井上美緒 絵コンテ・演出:石井俊匡 作画監督:元吉晃子、伊藤智子、笹川弥幸、加藤万由子、熊田明子、實藤晴香、田角麻奈美、安留雅弥

【概要】

准太は役者デビュー作で初めて高人と共演したことを思い出していた。いちいちかみついてくる高人への対応に戸惑う准太だったが、同時に今までに体験したことのない感覚を持て余してもいた。

【感想】

人工衛星からの俯瞰という構図が規格外である准太の内面を演出する。セピア調の彩度で表現される回想は、小物プロデューサーを「桜でんぶ」として排除するように、高人と二人だけの世界。強さと弱さのギャップを見せる高人の素顔を准太目線でつまびらかにしていく蜜月ぶりにくぎ付けだった。ペットボトルから飛び散った水を涙のように見せるなど、反響する二人の感情そのままな作画の小わざもさえ渡る。