flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ゴブリンスレイヤー 第八話「囁きと祈りと詠唱」

脚本:倉田英之 絵コンテ・演出:久保雄介 作画監督中村達也加藤明日美、二宮奈那子、相澤秀亮

【概要】

ゴブリンチャンピオンとの戦闘で深手を負ったゴブリンスレイヤーは女神官と剣の乙女の術によって回復した。英気を養った一同はゴブリンスレイヤーの秘策をもって地下水路のモンスターに挑む。

【感想】

ぶっきらぼうゴブリンスレイヤーとそんな彼を慕う女神官とのつかの間のひとときが甘酸っぱい。戦闘ではなかなか見せないゴブリンスレイヤーの表情がどれも人間臭くて安心した。ひたすら待ち続ける牛飼娘による信頼も癒しをもたらす。ゴブリンスレイヤーのあり方が危ういからこそ、女神官や牛飼娘のまざなしがかけがえないものに感じられてくる。