flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

色づく世界の明日から 第九話「さまよう言葉」

脚本:中西やすひろ 画コンテ・演出:松林唯人 演出:藤井康雄 作画監督:井上裕亮、宮崎司、水野紗世、山方春香、小島明日香、中山みゆき、竹本未希、小笠原憂、宮下雄次、山口保則、佐藤このみ、祝部由香

【概要】

写真の腕を上げるため将の指南を受けることになった瞳美。2人は連れ立って撮影会に出かける。別れ際に将が発した言葉から瞳美は逃げ出してしまうのだった。悩める瞳美は琥珀に相談するが……。

【感想】

瞳美の気持ちは彼女本人にしか分からないと前置きしておいて。色を失うことでふさぎ込んでいた瞳美に活力を与えたという意味では、この世界で色をくれた唯翔の存在が大きすぎるように思えてしまう。将が誠実な人格者であるからこそつらくなるが、あさぎの一途さが救いとなっている。