flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

風が強く吹いている 第9話「ふぞろいの選手たち」

脚本:喜安浩平 絵コンテ:笹木信作 演出:中谷亜沙美 作画監督植田実、石川真理子

【概要】

カケルは次回の記録会の成績次第ではメンバーから外れるよう王子に頼む。ハイジはカケルの発現は無効だという。ところが、二回目の記録会に選抜されたのは神童、ジョージ、ジョータ、ユキ、ムサのみだった。彼らが走る姿を見届けるしかなかったカケルに変化が現れる。

【感想】

ふぞろいのでこぼこだからこそ、じわじわと静かに盛り上がる熱さがある。ダイエットしようとするニコチャンも、自室でトレーニングする王子も、真剣に走る仲間たちにいつしか声援を送るようになったカケルにも。強引とも言えるやり方で住人を引っ張ってきたハイジに違和感を覚えることが多かったが、ここまで自主的な空気が醸成されるとは驚き。実力では圧倒しているカケルの焦りはそんな仲間たちの姿勢に感化されてのものと言えそうだ。