flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル #10「はずれ刑事 純情派!」

脚本:吉田恵里香 絵コンテ:加瀬充子 演出:伊部勇志 作画監督:山村直己、山岸正和

【概要】

負傷したダグが入院した病院にディーナとケイが聞き込み捜査にやってきた。余命いくばくもない患者が脱走して不審死する事件が連続する。いずれの患者からもアンセムの反応があったという。医院長のポープからアンセムの医療使用のための口添えを頼まれたキリルは……。

【感想】

キリルの意外な(失礼)才能の開陳など、登場人物の通り一遍ではない切り口が面白い。アンセムによる人体実験にまつわる物語は重苦しいものだった。ガスのためにありのままでいようと決心したジェフリー。人はありのままが美しいというテーマはキリルとミラが体現しているように感じられる。ゆえにキリルの花嫁姿がこれ以上ないサービスとなった。