flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソラとウミのアイダ 第10話「キオクとキロク」

脚本:山下憲一 絵コンテ:島津裕行 演出:村山靖 作画監督:津熊健徳、粟井重紀、冨田佳亨、朝岡卓也、谷津美弥子

【概要】

宇宙漁の最中に危機におちいった舞湖を助けようとしたルビーが負傷してしまう。ショックを受けた舞湖は故郷に帰ろうとするが、彼女の事情を知らされた波乃たちに説得されて思いとどまる。春たちは舞湖の兄をめぐる真相に迫ろうと動き出すのだった。

【感想】

舞湖そして真紀子と肉親がらみの重い展開はなかなかきつい。彼女らの背景を知った上での宇宙漁師としての採用に疑問が残る。舞湖の兄、雄大の生存が示唆されたことに胸をなで下ろしつつ、女子部による宇宙漁と救出作業を絡ませながらの見せ場にお手並み拝見。