flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ゾンビランドサガ 第十話「NO ZOMBIE NO IDOL SAGA」

脚本:ますもとたくや 絵コンテ・演出:後藤康徳 作画監督:柳隆太、岡真理子、村長由紀、飯飼一幸

【概要】

唐津市ふるさと会館アルピノでのライブが決まる。ステージに立てば記憶を取り戻すかもしれないとレッスンに張り切るさくら。雪山サバイバル訓練を課せられたフランシュシュは役割分担をして乗り切っていくが、レッスンにこだわるさくらは孤立していく。

【感想】

いささか強引な展開が目に付いたものの、それもシリーズの持ち味と受け入れる。センターのさくらを盛り立てようとするメンバーたちの団結に、これまでのエピソードがよみがえって泣けてきてしまう。生前にアイドルの入口で夢を断たれたさくらの記憶はフランシュシュの特殊性を根底から揺るがしそうな題材なので、クライマックスが今から楽しみだ。