flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

風が強く吹いている 第10話「僕たちの速度」

脚本:喜安浩平 絵コンテ:那由多十三 演出:鎌田祐輔 作画監督:木村敦子、稲吉朝子、鈴木明日香、名倉智史、千葉崇洋

【概要】

ハイジが過労で倒れてしまった。あらゆる役回りを一人でこなしてきたハイジの変わりはいない。残された住人たちはカケルをキャプテン代理にハイジの穴を埋めることになる。そんな中、カケルと王子はわだかまりを抱えたままで……。

【感想】

誰もいない前ばかりを見ていたカケルが精神的支柱だったハイジの不在をきっかけに後ろの仲間たちに気づかされる。はるか最後尾を走っていた王子との伴走はカケルの変化を感じさせるに十分だった。王子の生きがいであろうマンガを接点としての指導は強引ながらも納得させられる。カケルが自分なりに歩み寄ろうとしてくれたからこそ王子が応えてくれたのだと思う。記録会で必死で前を向く王子の表情作画に力強さがみなぎっていた。