flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

RErideD -刻越えのデリダ- 第十一話「静かな場所」

シナリオ:冨田頼子 絵コンテ:吉田徹 演出:村上勉 作画監督小川一郎、西田美弥子(NEOX)、柳孝相、沼田広

【概要】

マージュがいるという「静かな場所」、エッフェルズバーグ電波望遠鏡にやってきたデリダたち。襲い来る敵をグラハムそしてヴィドーが食い止めている間、デリダとユーリィとマユカは施設に向かうが、そこにドナが立ちはだかる。

【感想】

進歩をやめない科学技術の犠牲となったドナとアンゼリカの叫びがむなしくこだまする。科学は未来のためにある、踏み出すことをやめたら何事もなせない、全てを背負って先に行く……デリダの境地がタイムライドによる過去改変につながるのだろうか、そんなことばかりを考えてしまう。早くマージュとの再会を拝みたいところだ。